Igorで複数軸のグラフを作成する方法について記す。

2つの系列でそれぞれ左軸,右軸というグラフはよく作るが,今回は,左軸だけで分離して作成する方法を記す。

 

例として,”Time_s”,”V1″,”V2″という3つのデータ系列を用意し,それをグラフ化する。

“Windows”タブの”New Graph”を選択すると,下図の画面が現れる。”Fewer Choices”ボタンを押すと,簡易設定画面になるが,今回は下図の画面のように詳細設定できる画面ですすめる。

グラフ作成画面

XWaveとしてTime_sを選択し,YwaveとしてV1を選択し,”Add”ボタンを押す。

第2系列を追加

 

同様に,XWaveとしてTime_sを選択し,YwaveとしてV2を選択し,”Add”ボタンを押す。
V2の系列のところで,YAxisの”left”となっているところをクリックし,”New”をクリックする。

そして,Nameの欄に適当に名前をつける。ここでは”L2″とした。

新規軸を追加

 

続いて,”Do It”ボタンを押すと,下図のようなグラフが作成される。

グラフ描画

このままでは,左軸の2つが重なりあってしまい,見栄えが良くないため,修正をする。

左軸をダブルクリック(右クリックして”Axis Properties”でもよい)する。

Axisでleftを選択し,Axisタブの中の”Draw between”のところを0~70%とする。

左軸の修正

 

続いて,Axisで”L2″を選択し,Axisタブの中の”Draw between”のところを80~100%とする。

L2というのは先ほどつけた新規左軸の名前である。

そして,”Distance from Margin”のところを0とする。こうすることで,既存のleft軸と同じ直線上に新規左軸が移動する。

新規左軸の修正

複数軸のグラフはこれで完成である。

あとは,適当にグラフの見栄えを修正すると,下図のようなグラフとなる。

グラフの完成

広告